【会社設立】住民税(市民税、県民税)の特別徴収(給与控除)の仕訳納付方法

市民税県民税の特別徴収の納付書

会社設立後、役員や従業員に給与を支払う際、住民税の控除額(会社で預かる分)を給与明細に記載したり、その会社で預かった市民税や県民税を金融機関で支払ったりする特別徴収を行う必要がでてきます。

ただ、初めての法人設立であったり、これまで経理の仕事をしたことがない人にとって、住民税の徴収や納付を具体的にどうやって行けばいいのか分からず、困ってしまうものと思います。

そこで今回は、住民税の特別徴収の具体的なやり方について、詳しくお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました