【合同会社】一人社長の役員報酬(給与)の増やし方とその手続き手順

合同会社の一人社長の給与の増やし方

合同会社の一人社長の場合、 会社役員(代表社員)の給与はどうやって上げていけばいいのでしょうか?

というのも、社長の給与は適切なタイミング、そして手順で増やしていく必要があり、間違った方法を選択してしまった場合、社長の給与が会社の損金にならなくなる可能性があります。

一人社長の合同会社の役員報酬を上げる大まかな流れは以下のようになります。

  • 昨年度の決算日がくる
  • 決算後3カ月以内に役員給与を決め、同意書(議事録)を作成し、新しい額の給与を支払う
  • 増額した金額の給与が3回支払われた後に「被保険者報酬月額変更届」を年金事務所に提出する

今回は、そんな合同会社の一人社長の場合の役員給与の具体的な上げ方について、ステップごとに詳しくお話していきます。

スポンサーリンク