【合同会社設立】登録免許税の納付方法(収入印紙の購入と貼付用紙)

合同会社設立で登録免許税を収入印紙で貼り付け

会社を設立する際は、様々な書類を各省庁に提出する必要があります。

その中で合同会社の設立登記をするためには、以下の登録免許税を納める必要があります。

  • 株式会社;資本金の額×0.7%(最低納付額15万円)
  • 合同会社;資本金の額×0.7%(最低納付額6万円)

そうは言われても、会社設立のための手続きがはじめて場合、どうやってその税金(収入印紙)を納めれればいいのか、よくわからないのではないかと思います。

そこで今回は、合同会社設立時の登録免許税の具体的な納め方について、詳しくお話していきます。

登録免許税は収入印紙を台紙に貼付けて納める

一般的な税金と違って、登録免許税は収入印紙と呼ばれる切手サイズのものを自作した台紙に貼り付けて納めていきます。

登録免許税納付用台紙

台紙は上記のような感じのものをワードなどで適当に作成すればOKです。

収入印紙は、法務局や郵便局、コンビニなどで売られていますので、必要な分だけ購入してきて、先ほど作成した台紙に貼り付けていきます。

登録免許税に必要な収入印紙を郵便局で購入

合同会社設立で登録免許税を収入印紙で貼り付け

ただし、コンビニは数百円単位の収入印紙しか取り扱っていないので、法務局か郵便局で購入するのがいいでしょう。

今回の場合、資本金が15万円の合同会社を設立するということだったので、最低納付額となる6万円分の収入印紙(2万円×3)を貼り付けました。

ちなみに、領収書などの収入印紙には消印(収入印紙と台紙の間に印鑑を押す)をするのが普通ですが、この登録免許税の納付に関しては法務局側が消印を行うため、そのままの状態で消印をせず、収入印紙を貼り付けたそのままの状態にしておきましょう。

最後に一言

今回は、【合同会社設立】登録免許税の納付方法(収入印紙の購入と貼付用紙)についてお話しました。

登録免許税は一般的な税金と違って収入印紙で支払うので少し戸惑ってしまうことと思います。

登記手続きがはじめての人は是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました