【合同会社設立】登録免許税の納付方法(収入印紙の購入と貼付用紙)

合同会社設立で登録免許税を収入印紙で貼り付け

会社を設立する際は、様々な書類を各省庁に提出する必要があります。

その中で合同会社の設立登記をするためには、以下の登録免許税を納める必要があります。

  • 株式会社;資本金の額×0.7%(最低納付額15万円)
  • 合同会社;資本金の額×0.7%(最低納付額6万円)

そうは言われても、会社設立のための手続きがはじめて場合、どうやってその税金(収入印紙)を納めれればいいのか、よくわからないのではないかと思います。

そこで今回は、合同会社設立時の登録免許税の具体的な納め方について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク