【合同会社設立】登記申請書の書き方と雛形テンプレートまとめ

合同会社設立登記で提出した登記申請書

会社を設立するためには、各種必要書類を揃えて法務局で登記手続きを行う必要があります。

その登記手続きに必要な書類の中に「登記申請書」というものがあり、その書類は申請者や添付書類、登録免許税など登記の概要を示しています。

一般的にこのような書類は行政書士の人などに作成してもらう事が多いのですが、費用節約のために自分で作成することも可能です。

そこで今回は、登記申請書の書き方のポイントから印刷や押印の方法、そして作成に役立つ雛形テンプレートの紹介まで詳しくお話していきます。

【STEP1】登記申請書の文章を作成する

まずはじめに、登記申請書の文章の作り方についてお話していきます。

登記申請書は、A4用紙に以下のような必要事項を記載した書類のことをいいます。


合同会社設⽴登記申請書

フリガナ       〇〇〇〇
1. 商 号      〇〇〇〇合同会社

1. 本 店        〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地の〇〇

1. 登記の事由    設⽴の⼿続終了

1. 登記すべき事項  別紙のとおり

1. 課税標準⾦額   ⾦150,000円

1. 登録免許税    ⾦60,000円

1. 添付書類
定款 1通
代表社員、本店所在地及び資本⾦決定書 1通
代表社員の就任承諾書 1通
印鑑証明書 1通
払込があったことを証する書⾯ 1通

上記のとおり登記の申請をします。

平成〇〇年〇〇⽉〇〇⽇

〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地の〇〇
申請⼈ 〇〇〇〇合同会社
〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地の〇〇
代表社員 〇〇 〇〇  印

連絡先の電話番号 〇〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇

〇〇地⽅法務局(本局) 御中


資本金の額は、出資者から集まった出資金(+現物出資がある場合はそれも加える)の合計額となります。

>>会社の資本金とは?

登録免許税については「資本金の額×0.7%」となりますが、最低額が決まっており、株式会社の場合は15万円、合同会社の場合は6万円を下回った場合、その最低額が登録免許税の金額となります。

代表社員の住所や氏名は、この登記申請書と一緒に提出する印鑑証明(個人のもの)のものに記載されている通りに記入していきましょう。

ここに記載する電話番号は、登記申請手続きの最中に補正などが合った場合に法務局から連絡をもらうためのものなので、平日の日中に連絡の取れる電話番号(携帯でもOK)を記入してください。

実際にこの書類を作成する場合は、以下の法務局のホームページでフォーマットをダウンロードすることができますので、そちらを利用するといいと思います。

>>商業・法人登記の申請書様式:法務局 – 法務省

【STEP2】登記申請書を印刷&押印する

登記申請書の文章が完成したら、それを印刷していきましょう。

合同会社設立登記で提出した登記申請書

印刷ができたら、申請人の右側のところに会社の「代表者印」を押印します。

>>会社設立で必要な印鑑(代表者印、角印、銀行印)

お疲れさまでした。

これで、登記申請書の作成は完了です。

最後に一言

今回は、【合同会社設立】登記申請書の書き方と雛形テンプレートまとめについてお話しました。

登記申請書は自分でも簡単に作成することができますので、是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました