【法人登記】合同会社の定款の雛形サンプルまとめ(一人社長編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合同会社の定款サンプルその1(基本シンプル編)

まずはじめに合同会社の定款サンプルその1(基本シンプル編)を紹介します。

基本シンプル編では、合同会社を設立するにあたって必要最低限の内容を記載した定款となっています。

是非参考にしてみてください。


○○合同会社定款

第1章 総 則

(商号)

第1条 当会社は、○○合同会社と称する。

(目的)

第2条 当会社は、次の業務を営むことを目的とする。

①ソフトウェアの規格、開発

②コンピュータシステムに関するコンサルティング

③前各号に附帯または関連する一切の業務

(本店の所在地)

第3条 当会社は、本店を○○県〇〇市に置く。

(広告の方法)

第4条 当会社の公告は、官報に掲載する方法により行う。

第2章 社員及び出資

(社員の氏名、住所、出資及び責任)

第5条 社員の氏名及び住所、出資の価額並びに責任は次のとおりである。

社員の氏名 〇〇 〇〇

社員の住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地

出資の価額 金〇〇万円

責   任 有限責任社員

(社員の責任)

第6条 当会社の社員の全部を有限責任社員とする。

第3章 業務執行権及び代表権

(業務執行社員)

第7条 業務執行社員は次の通りとし、当会社の業務を執行するものとする。

業務執行社員 〇〇 〇〇

(代表社員)

第8条 代表社員は業務執行社員の互選をもって、これを定める。

第4章 社員の加入及び退社

(社員の加入)

第9条 新たに社員を加入させる場合は、総社員の同意によって定款を変更しなければならない。

(任意退社)

第10条 各社員は、事業年度の終了の時において退社することができる。この場合にのいては、各社員は、2ヶ月前までに会社に退社の予告をしなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、各社員は、やむを得ない事由があるときは、いつでも退社することができる。

(法定退社)

第11条 各社員は、会社法第607条の規定により、退社する。

第5章 計 算

(事業年度)

第12条 当会社の事業年度は年一期とし、毎年4月1日から3月31日までとする。

第6章 附 則

(法令の準拠)

第13条 この定款に規定のない事項は、すべて会社法その他法令に従う。

(最初の事業年度)

第14条 当会社の最初の事業年度は、当会社成立日の日から30年3月31日までとする。

以上、○○合同会社の設立のため、この定款を作成し、社員が次に記名押印する。

29年12月1日

〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番地〇〇マンション〇〇号室

〇〇 〇〇 印


定款の作り方は、上記の定款サンプルの太字の部分を設立する会社に合った内容に変更していけばOKです。

定款の中に記載されている用語でよくわからないものについては、こちらの記事で解説しています。

>>会社の資本金とは?

>>公告とは?

上記で紹介した定款例は一般的な合同会社設立をイメージしたシンプルな定款の内容となっているため、一人社長(社員兼従業員が社長の一人のみ)が死亡した場合、会社も同時に解散しなくてはならなくなってしまうというデメリットがあります。

次のページでは、 その辺りの点を改善した合同会社の定款サンプルその2(応用相続対応編)について紹介していきます。



タイトルとURLをコピーしました