【保存版】小規模企業共済で貸付を受ける方法と返済借換手続きまとめ

小規模共済で貸付を受ける

個人事業主や小規模な法人であれば利用している人も多い小規模企業共済では、低金利で貸付を受けることが可能です。

貸付限度額はこれまでに小規模企業共済に支払った積立掛金の約7割(具体的には貸付限度額のお知らせというハガキき記載の額)で、貸付利率(金利)は現在のところ約1.5%で、貸付期間は1年(金利分だけ現金で支払えば、次年度以降も借り換え可能)となっています。

この貸付制度をうまく活用すれば、資金繰りを維持しつつ、掛け金を増やして節税額を増やすということも可能です。

今回は、この小規模共済に加入済みの方向けに、この貸付を受けるための手続き内容から返済、借り換えの具体的な方法について詳しくお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました