【提出不要?】源泉徴収が無い(0円)場合の所得税徴収高計算書の書き方

給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書の記入例

ひとり社長のような極小の会社を設立した場合、役員給与を8万円程度に抑えることによって、所得税の源泉徴収額が0円になるように工夫するケースがあると思います。

このような場合、給与から源泉徴収で差し引かれる(一時的に会社が預かり、後に税務署に納める)所得税は0円となるため、源泉所得税を税務署に納める際に使用する書類「所得税徴収高計算書」は提出しなくても良いように感じてしまうかもしれません。

ですが、この所得税徴収高計算書は会社が源泉徴収した所得税が0円であっても、その旨を書類に記載し、税務署に提出する必要があります。

そこで今回は、源泉徴収が0円の場合の所得税徴収高計算書の具体的な書き方から書類の提出方法まで、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク