【最短6日】自分で合同会社の設立登記を行う方法(会社設立freee)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社設立(登記)の4つのSTEP

具体的な会社設立のステップは大きく分けて4つの段階に分かれています。

  1. 登記に必要な書類の作成および入手(最短1日、約6万円)
  2. 法務局の無料相談で書類のチェックを受ける
  3. 登記申請手続き(法務局、約3~5日)
  4. 法人番号通知書を受け取る(会社設立完了)

会社設立というと難しいイメージがありますが、実際にやることは上記の4項目だけで、実際にやってみると意外に簡単です。

登記費用の合計額は約7万円、最短でいけば会社設立を思い立ってから約6日で設立登記を完了することが可能です。

【会社設立STEP1】登記に必要な書類の作成と入手

法務局での登記手続きに必要な書類

ここからは、法務局での登記手続きに必要な書類の入手方法についてお話していきます。

一般的な会社の登記手続きに必要な書類は以下の通りです。

  1. 登記申請書(必須)
  2. 登録免許税納付⽤台紙(必須)
  3. 必要事項を記載したA4用紙(必須、CD-Rで代用可)
  4. 定款(必須)
  5. 資本金の払込を証する書面(必須)
  6. 発起人(代表社員)決定書(必要に応じて)
  7. 役員の就任承諾書(必須)
  8. 役員個人の印鑑証明書(必須、市役所などで入手可能)
  9. 調査報告書(必要に応じて)
  10. 財産引継書(必要に応じて)
  11. 資本金の額の計上に関する証明書(必要に応じて)
  12. CD-R(必須)
  13. 印鑑届出書(必須)

具体的な書類の作り方の詳細については、上記のリンク先の記事で解説しています。

こうやってざっと必要書類を見せられると大変なように感じてしまいますよね。

でも、一つ一つ揃えていくというスタンスで取り組んでもらえると、比較的スムーズに書類を集めることが出来ると思います。

ちなみに、私の場合、会社設立の目的がはっきりしていたということもありますが、会社設立freeeという無料のサービスを活用して、上記の書類を約3日ほどで準備することができました。

これら書類の準備で最短設立のネックになってくるのは、4の定款(文章作成と電子署名、最短1~2日)、13の印鑑届出書で必要となる会社の印鑑の入手(最短2~3日)ぐらいで、それ以外の書類はちゃちゃっと作れてしまいます。

ですので、まずは会社名を決めて会社印を手配し、その次に定款を作成という順番で作業を進めていき、待ち時間(印鑑到着まで、電子署名の手続きなど)の間にそれ以外の書類を作るという形がいいのではないかと思います。

【会社設立STEP2】法務局の無料相談で書類のチェックを受ける

書類の準備ができたら、設立予定日(登記申請手続きを行うと決めた日)の前日までに一度法務局に行ってみてみましょう。

合同会社の設立申請で法務局に行く

法務局の登記窓口

法務局の中に入ったら登記の受付窓口に行き、「◯日に合同会社の設立登記を行う予定なのですが、書類がちゃんと揃っているか、記入漏れがないかなど確認してもらいたいのですが・・・。」と聞いてみましょう。

すると、「受付は書類を受け取るだけなので、無料相談で内容確認をしてもらってはいかがですか?」と提案してもらえることと思います。

というのも、法務局には1回あたり30分程度の無料相談というサービスがあるため、それを使って申請書類の確認を受けることができます。

法務局の無料相談

出典)登記相談のご案内|津地方法務局

この無料相談で準備しておいた書類一式を担当の人に確認してもらい、登記手続きが円滑に行われるようにしておきましょう。

というのも、登記手続きは受付ではノーチェックのままなので、仮に間違いや記入漏れ、必要書類の不備などが合った場合、提出後、訂正のための来所依頼や追加書類の持参のお願いがあったりします。

最短で法人登記を終えるコツは、提出前に無料相談などを利用して書類の不備を確認しておき、提出後は確実に登記されるようにしておくのがポイントです。

次のページでは、会社設立のSTEP4についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました