【一人社長】年末調整手続きを自力で行う具体的な手順と提出書類の記入例

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末調整とは?

年末調整とは、給与の支払いを受ける従業員や役員(あなた)を対象に、毎回の給与の支払い時に会社で預かった所得税の一年間の合計額と、その年の給与の給与の合計額にかかる所得税の金額を比較して、その過不足額を精算するための手続きのことを言います。

一般的には会社側で年末調整を行うことにより、その会社に努めている従業員の大部分が自分で確定申告を行うことなく、所得税や住民税の申告や納付が完了します。

会社から受け取る給与以外に所得があるような場合、受け取った給与の額(給与所得の額)は年末調整をした結果である源泉徴収票を添付して確定申告を行うという流れになります。

毎年11月中旬頃になると、税務署から下記のような封筒が会社宛に送られてきます。

税務署から送られてくる年末調整のための書類

この封筒の中には年末調整に必要な書類が入っていますので、それに記入捺印し、税務署や市区町村役場などに提出していきましょう。

ひとり社長の年末調整に必要な書類とその提出先

年末調整に必要な書類は、基本的には先ほど紹介した11月中旬頃に会社宛に送られてくる封筒の中に入っています。

年末調整の税務署から送られてくる書類一覧

この封筒の中にはたくさんの書類が入っていますが、それは年末調整で必要なもの(年末~年始にかけて対応すべきもの)の他に、法定調書(翌年1月末までに対応すべきもの)も含まれているからです。

今回の年末調整で作成しなければならない書類は以下に記載の約10種類となります。

役員や従業員個人が記入する書類(〆切;本年最後の給料日の2週間前を目処)

役員(ひとり社長の場合はあなた自身のこと)や従業員個人が記入すべき書類は以下のとおりです。

  • 扶養控除等申告書(今年度分のものを手元に用意する、まだ作っていなかった場合は今回作っておく)
  • 扶養控除等申告書(翌年度分)
  • 保険料控除申告書
  • 配偶者控除等申告書
  • 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

ひとり社長で確定申告の方も引き続き行っていく場合、上記の各種控除関係の書類は年末調整で処理しなくても今までどおり確定申告の方で申告することも可能です。

そのようにすれば、上記の書類は名前や住所などの記入と捺印だけで押しておき、以下の部分は空欄のまま(年末調整では控除を計算しないまま)、会社の方で保管するだけでOKとなります。

そして、年末調整後に発行する源泉徴収票に記載の額を確定申告の給与所得として申告し、その他の各種控除は、これまで何度も経験してきた個人の確定申告の方で申告するのがおすすめです。

ただし、扶養控除等申告書については作成しておいたほうが毎月給与支払い時の所得税の源泉徴収額が低く抑えられます(給与所得の源泉徴収税額表の甲欄が適用となる)ので、扶養控除等申告書の本年度分と来年度分は作成しておいたほうがいいと思います。

>>【給与や賞与】役員報酬額の決め方や毎月の給与明細の作り方と仕訳例まとめ

なお、これらの書類は本年最後の給与を支給する1~2週間前までに作成し、会社側で保管しておいてください。

ちなみに従業員がいる場合、下記のような説明書類を作成し、それと一緒に記入してもらわなければならない書類を従業員に配布してあげるとスムーズに書類の配布回収が進みますので、参考にしてみてください。

【参考例文1】年末調整に関する申告書の提出について

年末調整に関する申告書の提出について(表)

年末調整に関する申告書の提出について(裏)

【参考例文2】給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の記入例

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の記入例

【参考例文3】給与所得者の配偶者控除等申告書の記入例

給与所得者の配偶者控除等申告書の記入例

会社で作成保管する書類(〆切;本年最後の給料日まで)

社長個人(あなた)に渡す書類(〆切;本年最後の給料日まで)

会社が税務署に提出する書類(〆切;翌年1月10日)

ひとり社長の場合、会社からの給与の他にも所得があることが多いですので、会社側では基本的に太字で示した書類の作成に力を入れ、それ以外の書類(各種控除分)は年末調整で処理するのではなく、これまで通り確定申告の方で記入するという方針で処理すると簡単です。

ざっくりとしたスケジュールとしては、本年最後の給料日までに会社で保管する書類一式や、社長であるあなた個人に渡す源泉徴収票を作成し、その後1月中旬あたりまでに各役所に申請書類を提出していくというイメージです。

具体的な書類の作り方や提出方法については上記のリンク先で解説していますので、そちらを参考にしながら作業を進めていってください。

最後に一言

今回は、【一人社長】年末調整手続きを自力で行う具体的な手順と提出書類の記入例についてお話しました。

はじめての年末調整はわからないことが多いと思います。

ただ、ひとり社長の場合、年末調整で処理すべき書類の量が比較的少ないですので、一枚づつ書類を仕上げていけば1~2日で書類の作成を終えることができると思います。

なお、この年末調整については税務署主催の説明会が各地で開かれていて、その開催スケジュールの案内も先程の紹介した封筒の中に入っています。

実際に私が初めて年末調整を行った時はこのような説明会(動画や資料を使った全体説明、個別に対応してもらえるようなものではない)に参加し、年末調整作業の全体的な流れや基本的な書類の記入方法などを勉強しました。

初めての年末調整の場合は、そのような説明会に参加してみるのもいいと思います。

なお、来年の1月末を目処に税務署に提出しなければならない法定調書や、同じ時期までに市役所に提出しなければならない給与支払報告書などの具体的な書き方については、下記の記事が参考になると思います。

>>法定調書の具体的な書き方と提出方法(税務署、ひとり社長編)

>>給与支払報告書の具体的な書き方と提出方法(市区町村役場、ひとり社長編)

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました