【1月末〆切】給与支払報告書の具体的な書き方と提出方法(ひとり社長編)

給与支払報告書とは?

まずはじめに、給与支払報告書とは一体どういうもののことかということについてお話していきます。

給与支払報告書とは、給与の源泉徴収票の内容を市区町村に伝えるもので、提出書類は以下の給与支払報告書と給与支払報告書(個人別明細書、年末調整の際に作成した源泉徴収票のこと)となります。

なお、この書類の提出期限は毎年1月末となっています。

給与支払報告書(総括表)

給与支払報告書の書き方と記入例について

この給与支払報告書の総括表は、11月中旬頃に税務署から送られてくる封筒の中に入っていることが多いようです。

税務署から送られてくる年末調整のための書類

もし、手元に書類がない場合は市役所の窓口で受け取ることが出来ますし、市役所のHPなどからダウンロード印刷したものを使用してもOKです。

給与支払報告書(個人別明細書)(市区町村提出用、1人につき2枚)

市区町村に提出する源泉徴収票(2枚)

上記の総括表に添付して提出する給与支払報告書(個人別明細書)は、年末調整の際に作成した源泉徴収票(4枚組)のうち、「給与支払報告書(個人別明細書)、(市区町村提出用)」と書かれた2枚となりますので、既に手元にあるものと思います。

上記の書類をなくしてしまった場合は、税務署で記入用紙を受け取ることが出来ますので、もう一度作成しておきましょう。

次のページでは、給与支払報告書(総括表)の具体的な記入提出方法についてお話していきます。

スポンサーリンク