【ひとり社長の合同会社】会社実務の年間スケジュールまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月の会社実務

12月は毎月の仕訳入力や給与支払い業務に加えて、年末調整を行う必要があります。

  • 仕訳入力(11月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末、11月分)
  • 住民税の納付(10日まで、11月分)
  • 年末調整

>>年末調整手続きを自力で行う具体的な手順と提出書類の記入例

年末調整のほとんどは社内で行う手続きとなっていますが、年末調整を行った後の源泉徴収税(所得税)の納付に関しては、来年1月までに税務署に書類提出と納税を行う必要があります。

1月の会社実務

1月は毎月の仕訳入力や給与支払い業務に加えて、源泉所得税の納付(納期の特例)、法定調書の提出を行う必要があります。

  • 仕訳入力(12月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末、12月分)
  • 住民税の納付(10日まで、12月分)
  • 源泉所得税の納付(1月20日まで、7~12月分)
  • 法定調書の提出(1月末まで、税務署)
  • 給与支払報告書の提出(1月末まで、市区町村役場)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例、税金の納付方法まとめ

>>法定調書の具体的な書き方と税務署への提出方法

>>給与支払報告書の具体的な書き方と市区町村役場への提出方法

特に法定調書や給与支払報告書の作成から提出は少し手間がかかりますので、1~2日ぐらいはそのために日程を空けておいたほうがいいと思います。

2月の会社実務

2月は会社実務が少ない時期で、毎月の仕訳入力や給与支払い業務だけとなります。

  • 仕訳入力(1月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末、1月分)
  • 住民税の納付(10日まで、1月分)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例まとめ

次のページでは、3月から5月にかけての会社実務についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました