【ひとり社長の合同会社】会社実務の年間スケジュールまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1人社長の合同会社設立後にやるべきこと

1人社長の合同会社を設立後は、本業である売上(利益)を得ること以外にも、会社を維持運営していくための経理、総務、人事などの業務を行っていく必要があります。

ここからは、各月毎に1人社長がやらなければならない会社実務のことについて、以下の会社のケースをモデルにして、説明がしやすい8月頃からの年間スケジュールの流れについてお話してきます。

  • 合同会社
    →ひとり社長
  • 事業年度
    →4月1日~3月31日
  • 給与締め日
    →毎月20日
  • 給与支給日
    →毎月27日
  • 源泉所得税
    納期の特例(年2回の支払い)
  • 税理士
    →✕(顧問契約なし)
  • 行政書士
    →✕(顧問契約なし)
  • 社労士
    →✕(顧問契約なし)

基本的には会社実務を自分一人だけでやり抜くという前提の内容となっていますので、そのようなイメージを持って読み勧めていってもらえると理解しやすいと思います。

8月の会社実務

8月は特に大きな会社業務はなく、前月の仕訳入力や給与支払い業務を行っていきます。

  • 仕訳入力(7月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末まで、7月分)
  • 住民税の納付(10日まで、7月分)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例まとめ

9月の会社実務

9月も8月と同様、大きな会社業務はなく、前月の仕訳入力や給与支払い業務を行っていきます。

  • 仕訳入力(8月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末まで、8月分)
  • 住民税の納付(10日まで、8月分)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例まとめ

10月の会社実務

10月も前の月と同様、大きな会社業務はなく、前月の仕訳入力や給与支払い業務を行っていきます。

  • 仕訳入力(9月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末まで、9月分)
  • 住民税の納付(10日まで、9月分)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例まとめ

11月の会社実務

11月も前の月と同様、大きな会社業務はなく、前月の仕訳入力や給与支払い業務を行っていきます。

  • 仕訳入力(10月分)
  • 給与明細の作成(20日以降)
  • 給与の支払(27日)
  • 社会保険料の支払(月末、10月分)
  • 住民税の納付(10日まで、10月分)

>>毎月の給与明細の作り方や給与支払い、経理の仕訳例まとめ

ただし、11月中旬頃になると、年末年始にかけて手続きを行う「年末調整」や「法定調書」に関する書類が会社宛に送付されてきます。

11月の段階ではやるべきことはありませんが、12月に入ったら上記について対応していく必要があるということを知っておきましょう。

次のページでは、12月~2月にかけての会社実務についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました