【合同会社】会社名が入ったEメールアドレスを格安で入手する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】会社で使いたいメールアドレスを決める

まずはじめに、これから会社で使っていきたいメールアドレスを決めていきます。

会社のメールアドレスといえば、以下のような感じの例が思い浮かぶのではないかと思います。

  • 個人名@会社名.com
    →個人に割り振るメールアドレス
  • info@会社名.com
    →会社の代表メールアドレス
  • support@会社名.com
    →お客様窓口、サポート部門など
  • sales@会社名.com
    →営業部門など
  • recruit@会社名.com
    →人事、採用担当など
  • ir@会社名.com
    →広報、投資家向け窓口など

メールアドレスは、@マーク以降(.comの前まで)の会社名などを入れる部分は一度登録してしまうと変更するのは難しいのですが、@より前は簡単な操作でアドレスを自由に増やしていくことができます。

ですので、まずはメールアドレスの@以降の部分をどのような文字列(基本的にはローマ字と記号の組み合わせ)にしたいかを決めておいてください。

なお、@マーク以降のドメイン部分で使える文字などのルールについては、こちらのページが参考になると思います。

ドメイン作成のルール

出典)メールアドレスの作成|お名前.com

【STEP2】利用するレンタルメールサーバーとドメイン登録サービスを決める

会社用のメールアドレスを利用するためには、以下の2つが必要となってきます。

  • メールの送受信を行うメールサーバー
  • ドメイン(メールアドレスの@以降の文字のこと)

上記の2つを別々のところで登録利用していくこともできるのですが、そうしてしまうと登録や設定、費用精算の手間がかかってしまいますし、利用料が割高になってしまうことが良くあります。

今回紹介するのは、上記の2つを年額1500円程度で利用できる「お名前.com」でドメインを取得&レンタルメールサーバーを利用していく方法です。

お名前.comは料金が安く、登録も簡単で、WEBメールサービスも利用できる(yahooメールやgmailみたいにブラウザでログインしてメールの送受信ができる、Outlook等のメールソフトは必要ない)のが特徴です。

格安で利用できる会社法人名のメールアドレス

小規模な会社でメールでのやりとりが常識のレベルであれば、お名前.comの安いプランで対応できますので、参考にしてみてください。

次のページでは、会社のメールアドレス取得STEP3についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました