【合同会社設立】法人番号指定通知書はいつ届くのか?

合同会社の法人登記後に送られてくる法人番号通知書

会社を設立する際は、様々な書類を各省庁に提出する必要があります。

合同会社の設立登記手続きが完了した人が次に困ってしまうことといえば、法人番号指定通知書がいつ会社に届くのかということではないでしょうか?

というのも、登記直後に法務局で受け取ることが出来る登記簿謄本(登記事項証明書)には12桁の法人番号が記載されているのですが、銀行口座開設のための書類などには13桁の法人番号を記載する必要があるからです。

その13桁の法人番号は、国税局から送られてくる法人番号指定通知書に記載されているため、実質的にその通知が送られてくるまでは、銀行口座開設などができない状況になってしまいます。

そこで今回は、この法人番号指定通知書がいつ頃送られてくるのかということから、法人番号指定通知書以外の13桁の法人番号の検索方法について詳しくお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました