被保険者賞与支払届の書き方や記入例、提出方法まとめ(ひとり社長編)

日本年金機構から送られてくる被保険者賞与支払届が入った郵便物会社の設立後、はじめての賞与支給月が近づいてくると、日本年金機構から「被保険者賞与支払届」などの書類が入った封筒が送られてきます。

一般的には、この封筒に入った記入用紙に誰にどれだけの賞与を支給したのかということを記載して日本年金機構に返送することとなります。

ただ、ひとり社長の場合、役員賞与を支給すると会社の損金として計上する事ができない(毎月の役員給与は損金となる)ため、役員である自分に賞与を支給しないことが多いのではないかと思います。

そこで今回は、ひとり社長で役員賞与を支給しない場合の被保険者賞与支払書の書き方の例や提出方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

役員賞与を支給しない場合でも提出しなければならない書類がある

被保険者賞与支払書

ひとり社長の会社で役員である自分自身に賞与を支給しない場合、賞与が支払われていないので、この商用に関する書類を提出しなくてもいいと思ってしまうかもしれません。

ですが、送られてきた2枚の書類の中にある「被保険者賞与支払届ー総括表ー」の方は、賞与の支給の有無に関係なく提出する必要があります。

手続きの流れ

1.賞与などを支払った場合、支払日より5日以内に郵送で感覚の事務センターまたは年金事務所へご提出ください。

・登録された賞与支払月に賞与の支払いが無かった場合は、必ず「賞与支払届総括表」のみご提出ください。

引用)「賞与支払届」「賞与支払届総括表」等の提出のお願い|日本年金機構

※賞与の支払いがなかった場合にも、必ず賞与支払届総括表で「不支給」出会ったことの届出をしてください。登録された賞与支払予定月の翌月までに提出がない場合には、翌々月に日本年金機構より催告状を送付します。この場合、賞与支払届や70歳以上被用者の賞与支払届の提出は不要です。

引用)「賞与支払届」「賞与支払届総括表」等の提出のお願い|日本年金機構

このような理由から、役員である自分への賞与の支払いの実態がない場合でも、賞与支払届総括表という書類を提出する必要があります。

被保険者賞与支払届ー総括表ーの記入例と提出方法

ここからは被保険者賞与支払届ー総括表ーの具体的な書き方の例について紹介していきます。

被保険者賞与支払届の記入例(上段)

まず、上段の方については送られてきた段階で左側の「提出者記入欄」の事業所整理番号や事業所番号、所在地、名称、氏名などは印字されている事が多いと思います。

残りの未記入部分(会社の電話番号など)についてはボールペンで記入し、提出者記入欄の右下の部分には会社の代表者印を押印しておきましょう。

社会保険労務士記載欄については、そのような方と契約している場合のみの記入でOKです。

被保険者賞与支払届の記入例(下段)

総括表の下段について、「賞与支払情報」の①のところに賞与が未払いの場合でも、すぐ上に記載されている賞与支払予定月の年月を記入しておきましょう。

そして②の支給の有無というところで「1.不支給」に○をつけます。

基本的には書類への記入はこれでおしまいなのですが、今後もひとり社長を続け、賞与の支払いをなくす(会社設立の際、年金事務所に提出した健康保険・厚生年金保険新規適用届に記載の賞与支払予定月を変更したい)場合は、一番下の「変更」というところの支給月を記載する欄(左側)に「00 00 00 00」と記入しておけば、今後はこのような書類が送られてくることはなくなります。

賞与支払予定月の変更出典)「賞与支払届」「賞与支払届総括表」等の提出のお願い|日本年金機構

提出前に年金事務所で確認したところ、「変更」記入欄の下辺りに「ボーナス支給なし」と記載しておくと、年金事務所の事務方に伝わりやすいですよとのことでした。

被保険者賞与支払届の提出先

書類への記入が終わったら、送られてきた封筒の左下に記載の日本年金機構宛に郵送するか、または所轄の年金事務所に直接提出すればOKです。

被保険者賞与支払届を日本年金機構に送付する

ただし、書類の受付開始時期はボーナス支給予定月からとなっていますので、それ以前(ボーナス支給予定月より前)に年金事務所などに直接持っていっても受け付けてもらえないことがありますので、ご参考まで。

最後に一言

今回は、被保険者賞与支払届の書き方や記入例、提出方法まとめ(ひとり社長編)についてお話しました。

基本的にひとり社長の場合は賞与を支払っても会社の損金として計上することはできないので、役員賞与はなしにすることが多いと思います。

その場合、提出する書類は総括表の1枚だけですので、ササッと書いて提出していきましょう。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました