【年末調整】源泉徴収票の書き方と用紙の入手提出先まとめ(ひとり社長編)

源泉徴収票とは?

源泉徴収票の雛形

源泉徴収票とは、会社が役員や従業員などに対して1年間に支払った給与や所得税、その他の事項を記載する書類のことを言います。

会社は本年最後の給与支払日までにこの源泉徴収票を作成しておき、給与支払日の当日に従業員や役員に出来上がった源泉徴収票を配布する必要があります。

この源泉徴収票の記入用紙は、毎年11月中旬頃に会社宛に税務署から送られてくる封筒の中に入っています。

税務署から送られてくる年末調整のための書類

源泉徴収票の書き方と用紙の入手提出先まとめ

この封筒の中入っている記入用紙は一人分で4枚綴りとなっていて、一番上にある用紙に記入していけば、一番下の4枚目にある源泉徴収票(従業員や役員に配布するもの)まで転写され、4枚同時に作成することができる仕組みになっています。

源泉徴収票の記入用紙は複写式

この4枚綴りの記入用紙で作成できる書類やその提出先については、以下の通りとなります。

  1. 給与支払報告書(個人別明細書)
    →市区町村提出用、〆切;来年1月末ごろ
  2. 給与支払報告書(個人別明細書)
    →市区町村提出用、〆切;来年1月末ごろ
  3. 給与所得者の源泉徴収票
    →税務署提出用、〆切;来年1月末ごろ
  4. 給与所得者の源泉徴収票
    →受給者交付用、〆切;本年最後の給料日に配布

記入用紙をなくしてしまったり、数が足りなくなってしまった場合は最寄りの税務署でもらうことができますし、国税庁のHPの方でダウンロード印刷、またはダウンロードしたPDFに手入力印刷して作成したものを使ってもOKです。

>>[手続名]給与所得の源泉徴収票(同合計表)|国税庁

記入用紙にはたくさんの記入箇所があるため記入作業は難しそう感じてしまいますが、年末調整の作業手順の方で説明した源泉徴収簿の作成が終わっていれば、そこに記載された内容を転記していくだけとなりますので、安心してください。

次のページでは、源泉徴収票の具体的な記入方法についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました