決算(法人税の確定申告)

決算(法人税の確定申告)

【合同会社の決算仕訳】法人税や住民税、事業税などを自分で計算する方法

会社の決算作業を行っている時に困ってしまうことといえば、法人税などの各種税金の額をどうやって計算すればいいのかということではないでしょうか。 というのも、一般的な会計ソフトの基本機能では、税金の計算まではやってくれない事がほとんどだからで...
決算(法人税の確定申告)

【合同会社】法人税などの確定申告書類を自分で作成する方法(全力法人税編)

新事業年度が始まったら、棚卸や決算書類の作成といった決算作業が始まります。 その決算作業が終わって一段落したら、次は法人税など各種税金を収めるための確定申告書類を準備していく必要があります。 会社が支払うべき税金を納付するための確定申告書...
決算(法人税の確定申告)

【棚卸の仕訳】棚卸表ができた後の具体的な仕訳例(決算編)

期末日になると、基本的にはどの会社でも棚卸作業を行い、商品や仕掛りなどを一つ一つ数えて棚卸表に記入入力していきます。 その後、出来上がった棚卸表の情報を元に、経理担当の人が棚卸資産の情報を会計ソフトに仕分け入力します。 この決算時期に行う...
決算(法人税の確定申告)

【小規模な合同会社】決算処理から書類作成まで自分で行う具体的な方法

合同会社の決算処理は、一年の経理の総まとめのようなもので、事業年度内の全ての取引(売り上げや経費など)の仕分けを行い、資産(商品)の棚卸し、損益計算書(P/L)や貸借対照表(BS)という書類を作成できれば完成です。 ここで作った決算書...
決算(法人税の確定申告)

【現金過不足の仕訳】帳簿上と実際の残高にズレがあった場合の対処法

経理業務やレジ業務などを行っていると、帳簿と実際の現金残高にズレが発生することがよくあると思います。 このような場合、まずは「現金過不足」という仕訳を行っておきます。 その原因が分からなければ「現金過不足」としてその内容を仕訳計上し...
決算(法人税の確定申告)

【合同会社】決算書類作成から法人税の確定申告と納税まで自分で行う方法

1人社長などの合同会社を設立した場合、決算書類の作成や法人税の確定申告をどうするか悩んでしまうことと思います。 というのも、税理士にこれらを依頼しようと思うと顧問契約含め最低でも年間で20~30万円は必要になってくるからです。 ただ...
タイトルとURLをコピーしました