経理

人事

【会社設立】住民税(市民税、県民税)の特別徴収(給与控除)の仕訳納付方法

会社設立後、役員や従業員に給与を支払う際、住民税の控除額(会社で預かる分)を給与明細に記載したり、その会社で預かった市民税や県民税を金融機関で支払ったりする特別徴収を行う必要がでてきます。 ただ、初めての法人設立であったり、これまで経理の...
人事

【ひとり社長の合同会社】会社実務の年間スケジュールまとめ

1人社長の合同会社など規模の小さな会社を設立した場合、費用節約のため、税理士や行政書士、社労士などに依頼をせず、すべて自分の力で会社の諸手続きを行ってしまいたいと考える人もいるのではないかとと思います。 ただ、会社設立が全く初めての場合、...
決算(法人税の確定申告)

【合同会社】法人税などの確定申告書類を自分で作成する方法(全力法人税編)

新事業年度が始まったら、棚卸や決算書類の作成といった決算作業が始まります。 その決算作業が終わって一段落したら、次は法人税など各種税金を収めるための確定申告書類を準備していく必要があります。 会社が支払うべき税金を納付するための確定申告書...
決算(法人税の確定申告)

【棚卸の仕訳】棚卸表ができた後の具体的な仕訳例(決算編)

期末日になると、基本的にはどの会社でも棚卸作業を行い、商品や仕掛りなどを一つ一つ数えて棚卸表に記入入力していきます。 その後、出来上がった棚卸表の情報を元に、経理担当の人が棚卸資産の情報を会計ソフトに仕分け入力します。 この決算時期に行う...
決算(法人税の確定申告)

【小規模な合同会社】決算処理から書類作成まで自分で行う具体的な方法

合同会社の決算処理は、一年の経理の総まとめのようなもので、事業年度内の全ての取引(売り上げや経費など)の仕分けを行い、資産(商品)の棚卸し、損益計算書(P/L)や貸借対照表(BS)という書類を作成できれば完成です。 ここで作った決算書...
決算(法人税の確定申告)

【現金過不足の仕訳】帳簿上と実際の残高にズレがあった場合の対処法

経理業務やレジ業務などを行っていると、帳簿と実際の現金残高にズレが発生することがよくあると思います。 このような場合、まずは「現金過不足」という仕訳を行っておきます。 その原因が分からなければ「現金過不足」としてその内容を仕訳計上し...
決算(法人税の確定申告)

【合同会社】決算書類作成から法人税の確定申告と納税まで自分で行う方法

1人社長などの合同会社を設立した場合、決算書類の作成や法人税の確定申告をどうするか悩んでしまうことと思います。 というのも、税理士にこれらを依頼しようと思うと顧問契約含め最低でも年間で20~30万円は必要になってくるからです。 ただ...
法定調書

【1月末〆切】給与支払報告書の具体的な書き方と提出方法(ひとり社長編)

会社を設立したら、毎年1月末までに前年度に支給した給与(役員報酬)について、給与支払報告書(市県民税関係の書類)を市役所などに提出する必要があります。 ただ、初めて会社を設立した人の場合、どうやって書類を作成していけばいいのか...
法定調書

【1月末〆切】法定調書の具体的な書き方と提出方法(ひとり社長編)

会社を設立したら、毎年1月末までに税務署に提出しなければならいのが法定調書(合計表)です。 法定調書という言葉を聞いた瞬間、なんだか作成するのが難しそうに感じてしまいますよね。 ただ、税理士を雇っていないひとり社長の極小...
経理

【提出不要?】源泉徴収が無い(0円)場合の所得税徴収高計算書の書き方

ひとり社長のような極小の会社を設立した場合、役員給与を8万円程度に抑えることによって、所得税の源泉徴収額が0円になるように工夫するケースがあると思います。 このような場合、給与から源泉徴収で差し引かれる(一時的に会社が預かり、...
タイトルとURLをコピーしました