【合同会社設立】税務署に提出する青色申告承認申請書の書き方

合同会社設立の青色申告の承認申請書

会社を設立する際は、様々な書類を各省庁に提出する必要があります。

法務局での合同会社設立登記が完了したら、次は各官庁(税務署、県税事務所、市役所、年金事務所など)への届け出を行っていきます。

その種々ある届出書類の中の一つに青色申告の承認申請書という書類があり、青色申告(複式簿記のルールに従って毎月帳簿をつけることで法人税上の各種優遇措置を受けることが出来るようにする制度のこと)の承認を受ける場合、この書類を会社設立から3ヶ月以内に税務署に提出する必要があります。

そもそも法人は記帳の義務がありますし、以下のような税制上の各種優遇を受けられるこの青色申告制度を利用するのが一般的です。

  • 赤字を9年間繰り越して黒字と相殺可能
  • 赤字を前年の黒字と相殺し、税金の還付を受けられる
  • 30万円未満の固定資産の取得原価を全額償却することが可能   など

ただ、はじめての会社設立の場合、どこでこの書類を手に入れて、どのように記入していけばいいのかよくわからないと思います。

そこで今回は、青色申告の承認申請書の入手記入方法から具体的な提出方法まで、ステップ毎に詳しくお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました